町田かたかごの森

町田市の春夏秋冬をご紹介しております。


クヌギ、コナラ、ヤマザクラ等の雑木林で構成された緑地で、面積は約1ヘクタールの広さがあります。 林床には市内では大変珍しくなったカタクリの群生をはじめ、イチリンソウ、ヒトリシズカ、アズマイチゲ、シュロソウ等の多摩の自然を代表する貴重な植物が自生する緑地です。

町田かたかごの森では、ボランティアによる活動が行われていて、「町田かたかごの森を守る会」が中心となり管理が行われています。

カタクリは、万葉の昔、かたかご(堅香子)といわれ人に親しまれてきた植物で、この森に自生していた、かたかご(堅香子)の名を森の名前にしました。

開園期間について

4月上旬から約10日間。期間以外は閉園しております。

掲載情報
所在地 町田市山崎町1706-1
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市ホームページ
掲載日 2012年7月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市イベント特集。