町田市薬師池公園「大賀ハス」

町田市の春夏秋冬をご紹介しております。

薬師池公園の大賀ハス

薬師池公園の大賀ハスは、3,000平方メートルのハス田に育っています。今年は春先から雨や寒暖の差が大きく不安定な気候が続いており、大賀ハスの生育に影響があるか心配してましたが、今のところ順調に生育しているようです。7月4日にようやく1番花が開花しました。現在は、20~30個位の花が開花してます。その他にも開花しそうな花芽が80~90個位見受けられますので、今後は順番に開花が進みまもなく見頃になると思われます。見頃は、今後の天候にもよりますが例年通り7月中旬から8月初旬頃と思われます。

大賀ハスについて

大賀ハスは、故大賀一郎博士が1951年千葉県検見川遺跡で2000余年前のハスの実3個を発掘し、そのうちの1個だけ発芽に成功したものです。

薬師池公園の大賀ハスは、大賀博士と縁故のありました、町田市内の円林寺と大蔵町の故柏木常吉氏から根分けしていただいたものを大切に育てているものです。大賀ハスは、ピンク色の大輪の花を咲かせ優雅な美しさと悠久の時を超えた生命力が尊ばれています。

鎌倉、室町、桃山と受け継がれ、江戸時代には、我が国の美意識に沿う様に品種改良が重ねられ、隆盛をみるに至り、明治以降は、生産園芸としても発展し、今日に至っています。

開花期間について

例年7月下旬から8月上旬が見ごろとなっています。詳細は町田市のホームページにてご確認ください。

掲載情報
所在地 東京都町田市野津田町3270
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市ホームページ
掲載日 2012年8月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook2Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市イベント特集。