町田さくら祭り「尾根緑道」

町田市の春夏秋冬をご紹介しております。

尾根緑道とは?

東京都町田市内にある全長およそ8キロメートルの緑道です。緑道にはメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約450本があり、毎年桜の開花時期には「まちださくらまつり」が実施されます。

この緑道は多摩丘陵と相模原台地の際の尾根づたいに東西に延びており、現在では桜をはじめとする様々な木が道沿いに植えられて周辺住民の憩いの場となっている。もともとは第二次大戦末期までに大日本帝国陸軍によって築造された戦車用のテストコースの一部であり、以前は「戦車道路」と呼ばれていた。陸軍は、現在の相模原市内にあった相模陸軍造兵廠で生産された戦車を1.2キロほど離れたこの道に持ち込み、試験走行をしていたのである。
戦後しばらくの間は防衛庁が戦車用のテストコースとしていたが、その後、町田市が国から借り受けて緑道として整備し、名称を改めて開放した。

現在尾根緑道として整備・開放されている区間は、桜美林大学の北方、町田市小山田桜台地内の尾根緑道入口停留所付近から、町田市小山ヶ丘の都立小山内裏公園内にかけてである。緑道は多摩丘陵南西縁の尾根上にあるため、南方には相模平野や丹沢山塊が一望出来る。

幻の桜『カタオカザクラ』

この『カタオカザクラ』は、昭和20年5月に長野県塩尻市片丘の山林で発見されたものです。その後、片丘の自生地が山火事に遭い焼失し、幻の桜となりました。東大理学部付属植物園日光分園に移植されていた一本の木から、片丘ザクラ保存会の皆様の永年におよぶ努力により、百数十本が古里の地に蘇りました。
この貴重な『カタオカザクラ』は町田市と桜でつなぐ友好のために、塩尻市より寄贈されたものです。

掲載情報
所在地 東京都町田市小山田
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市ホームページ
掲載日 2011年6月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。


より大きな地図で 尾根道・尾根緑道 を表示

Share on Facebook19Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市イベント特集。