「常盤新平−遠いアメリカ」展

町田市のイベント情報をお伝えしております。

常盤新平−遠いアメリカ

翻訳家にして直木賞作家、アメリカ通にして時代小説をこよなく愛するエッセイスト、あるいはアメリカの翻訳エンターテインメントを次々と日本に送り出した名編集者――常盤新平(1931―2013)。様々な顔をもつ常盤の根底には、20代の頃から抱き続けたアメリカへの強い憧れがありました。
仙台で幼少期を過ごした常盤は、都会への憧れと、“田舎”や“恥”の象徴であった父親から逃れたい一心で、1950年に早稲田大学へ進学。アーウィン・ショーの短編小説「夏服を着た女たち」を読み、その都会的で洗練された世界に魅了されて翻訳家を志します。同級生が就職していく中、ただひたすらアメリカのペイパーバックや雑誌を読みふけり、アメリカに想い焦がれる日々。
この頃を描いた自伝的小説『遠いアメリカ』(講談社 1986年)は、人々がハンバーガーをまだ知らなかった昭和30年代の空気と、青春期の不安や迷いを見事に描きだし、第96回直木賞を受賞しました。このとき常盤は55歳。すでに翻訳家、エッセイストとして活躍していましたが、この小説を書くことによって父親の深い愛情、自分が翻訳家を志した本当の理由に気づくことになります。作家となってからは、都会の片隅で暮らす人々の心の移ろいや日常の些事を掬いあげるエッセイや小説が多くなりますが、アメリカへの想いは終生変わることはありませんでした。
晩年の約20年間を過ごした町田で、このたび、初めての展覧会を開催します。本展では、常盤が憧れたアメリカ、彼をアメリカへと向かわせたものは何であったのかを探りだし、愚直に想いを貫いた一人の作家の生涯と作品をひもときます。

関連イベントのご紹介

朗読会 ドリアン助川のトーク×朗読LIVE-常盤新平篇作家として数々の著作があり、道化師としてライブ活動もしているドリアン助川さん。最近では朗読に力を入れ、各地で朗読LIVEを行っています。常盤さんの命日に開催する今回の朗読LIVEでは、生前親交のあったドリアンさんが常盤さんとの想い出話を交えながら、初めて常盤作品に挑みます。

日時:2015年1月22日(木)午後6時から7時 ※開場は午後5時30分
会場:町田市民文学館2階展示室
定員:30名(申込順)
申込:12月24日(水)正午から、町田市民文学館で受付
電話:042-739-3420
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

飯原道代朗読会「耳で訪ねるニューヨーク-アーウィン・ショー『夏服を着た女たち』」常盤新平さんの翻訳作品を朗読でお届けします。「夏服を着た女たち」は、常盤さんが翻訳家を志すきっかけとなった作品です。常盤さんが憧れた、都会的で洗練されたアーウィン・ショーの世界をお楽しみください。

日時:2015年2月22日(日)午後2時から3時
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:60名(先着順)
申込:申込不要(直接、会場にお越しください)
電話:042-724-5656
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

対談&講演会青山南&川本三郎記念対談「ぼくらがアメリカに夢中だったころ-『ハッピーエンド通信』編集時代」インターネットもスマホもなく、海外の情報を容易に手に入れることができなかった1980年代。雑誌「ハッピーエンド通信」は、そんな時代に、若い人たちが知りたいアメリカの文化や文学を紹介していました。常盤さんと共同でこの雑誌を編集していた青山さんと川本さんをゲストに迎え、坪内さんが当時の思い出をお二人からうかがいます。

ゲスト:青山南(翻訳家)、川本三郎(文芸評論家)
司会:坪内祐三(文芸評論家)
日時:2015年2月14日(日)午後2時から3時30分
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:定員:80名(申込順)
申込:1月11日(日)正午から町田市イベントダイヤルで受付
電話:042-724-5656
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

坪内祐三講演会「常盤さんの担当編集者だったころ」文芸評論家で本展監修者でもある坪内さんは、雑誌「東京人」の編集者をしていたときに常盤さんに初めて出会い、その後は公私にわたって交流を深めていました。常盤さんをよく知る坪内さんに、誕生日にあたる記念の日に、常盤さんの作家としての足跡と人柄についてお話しいただきます。

ゲスト:坪内祐三(文芸評論家)
日時:2015年3月1日(日)午後2時から3時30分
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:80名(申込順)
申込:1月11日(日)正午から町田市イベントダイヤルで受付
電話:042-724-5656
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

文学散歩

「常盤新平の神田界隈を歩く」時代小説を愛読した常盤さんには『池波正太郎の江戸東京を歩く』や『時代小説の江戸、東京を歩く』など、時代小説の舞台を巡ったエッセイがあります。今回は2回連続講座とし、1回目で常盤さんについて学び、2回目で常盤さんが愛した町を散策します。なお、文学散歩では3km程歩きます。参加者には申込み締切り後詳細を葉書でご連絡します。

日時:①事前学習:2015年3月7日(土)午前11時から12時 ②文学散歩:2015年3月14日(土)午前11時から午後1時
会場:①町田市民文学館2階大会議室および展示室 ②地下鉄千代田線湯島駅集合
定員:15名(申込順)
参加条件:2回とも出席できる方。
申込:2015年1月11日(日)正午から町田市民文学館で受付
電話:042-739-3420
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

ギャラリートーク(展示解説)

本展の担当学芸員と一緒に展覧会を廻ります。

日時:1月27日(火)、2月7日(土)、2月17日(火)、3月7日(土)いずれも午後2時から(40分程度)
申込:不要 直接、文学館2階展示室にお集まりください。
イベントURL:ご紹介サイトはこちら

イベント情報(※詳細は直接お問い合わせください)
会 期 2015年1月17日~3月22日
会 場 町田市民文学館ことばらんど
定 員
開催時間 10:00〜17:00
料 金 無料
URL 町田市ホームページ
掲載日 2014年12月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市イベント特集。