町田市 智母丘神社

町田市の由緒ある神社・お寺をご紹介しております。

智母丘神社 -由来-

大正8年3月、日向国北諸県郡庄内町地内(現都城市)石峰山頂に鎮座せる智母丘大神の御神徳を感得せし黒木昇、黒木ハナの両人御分霊を勧請し自宅に奉斎せしが家屋鳴動し畏懼(いく)の念に堪えず社殿を創建し奉鎮座した。社殿の老朽化により昭和60年10月社殿の造営がおこなわれ、夜陰遷座祭を同年11月9日奉祝祭を執行した伊勢外宮の神明造に擬して設計施工せられた従って大祭式は現在庭上での祭典となって居る。

御祭神

豊受姫大神 伊勢外宮と同一祭神
大歳大神  須佐之男命と大山津見神の娘大市此売との間に御生まれになった神
共に農耕の神であり商売繁昌・子孫繁栄・安産の神として崇敬されている。

現在の年中行事

歳旦祭 1月1日
左義長 1月15日
祈年祭 2月17日
例大祭 4月23日

原町田七福神の建立場所

こちらの智母丘神社は原町田七福神「弁財天(べんざいてん)」の建立場所です。

掲載情報
所在地 東京都町田市原町田5丁目12-11
URL
引用・参考 智母丘神社 案内板
掲載日 2014年11月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市神社・お寺特集。