町田市 小野神社

町田市の由緒ある神社・お寺をご紹介しております。

小野神社 -由来-

主祭神は平安時代前期の和漢に優れた学者、小野篁(おののたかむら)であります。菅原道真の先輩に当たり、また孫の小野道風は平安期を代表する書家で三蹟の一人です。

小野篁の七代の孫小野孝泰が武蔵の国司として天禄年間(972年)頃府中へと赴任した時、当地が小野郷と称したことから、篁が当地に滞在したと考え、篁の御霊をこの地に祀ったのが縁起であります。

当神社は小野路宿の入り口にあります。当宿は鎌倉と武蔵国府の府中を結ぶ鎌倉道の宿場であり要衝でありました。
室町期応永十年(1403年)小野路村の僧正珍は旅人の安全を祈願して宮鐘を奉納し、朝夕に別当寺の清浄院(現在廃寺)の僧が宮鐘を撞いて旅人に時を知らせたといいます。しかし戦国時代の文明年間に両上杉の合戦で、山内上杉の兵により陣鐘として持去られてしまいました。現在宮鐘は塩沢貞氏により復元寄進され、拝殿に設置されております。
なお、小山田氏の小野路城があった城山には、小町井戸があり、当地と小野氏との縁の深さを物語っています。(小野小町は平安期六歌仙の一人です。)

現在の年中行事

例祭日 9月13日
新年祭 1月13日

掲載情報
所在地 東京都町田市小野路町885
URL
引用・参考 小野神社資料
掲載日 2014年11月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市神社・お寺特集。