町田市 住吉神社

町田市の由緒ある神社・お寺をご紹介しております。

創建と由来

寛永17年(1640)9月、当地の三代目領主須藤太郎左衛門盛忠公が願主となり氏子中により、武州多摩郡本森村鎮守として勧請創建されました。宝永7年(1710)12月には5代目須藤権之助盛連公が願主となって氏子中で再建されています。さらに嘉永3年(1850)9月には11代目須藤惣左衛門盛章公、氏子中により御厨子入り尊像(現存)が造立され内宮外殿が建替えられました。慶応2年(1866)11月石造鳥居が建立され、明治4年(1871)4月に妙延寺境内から現在地に御遷座されました。

御祭神について

当神社は住吉大神と仰ぎ奉る、底筒男命(そこつつのおのみこと)、中筒男命(なかつつおのみこと)、表筒男命(うわつのおのみこと)、そして神功皇后の四柱をお祀りしております。

祭事について

現在は9月23日が例祭日ですが、享和4年、天保14年頃(1804〜1843の頃)は旧暦の9月9日、明治12年頃は8月23日だったことが知られています。また現在は行われておりませんが、昭和10年頃まで鎮花祭(花鎮めの祭)が行われておりました。昔は木花即ち桜の散る頃は厄神が活動する季節と考えられていましたので、花鎮めの祭を行い悪疫を防いだのです。

現在の年中行事

元旦 歳旦祭(元旦祭)
正月三が日 初詣(神礼等の頒布)
6月15日 山王祭(山王杜の例祭)
9月23日 例祭
11月案内日 七五三祝(祈祷受付)

以上の祭事の中で最も重要な大祭が例祭です。
各町内神輿が朝境内に集まり神霊をお鎮めした後町内を練り歩きます。又夕には様々な余興が神様に奉納され、露天も出てとても賑やかです。

掲載情報
所在地 東京都町田市森野5丁目10番2号
URL
引用・参考 住吉神社資料
掲載日 2014年10月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市神社・お寺特集。