町田市薬師池公園

町田市の観光スポットをお伝えしております。


薬師池公園は、1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定。さらに、2007年に「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園です。


薬師池公園は、町田を代表する景勝地として、また四季折々に花々が楽しめ、常に多くの人が訪れて賑わっています。
町田市の観光地として、四季折々の花々が見どころとなる時期には、遠方からの観光客で賑わっています。

薬師池の由来

薬師池とは、園内西側の雑木林の斜面に建つ野津田薬師堂のほとりにある池という意味。
この池は、かつて福王寺溜井と呼ばれた江戸時代成立の水田用水池で、長さ70間(126メートル)、横28間(50.4メートル)の規模があり、寛永年間 (1624~43年)に開拓されたと伝えられている。その後、宝永4年(1707年)、富士山の噴火による降灰で一度埋まり、3年に渡るさらい普請が行われた。


公園内には、お茶屋 『 やくし茶屋 』『 売店 』や国の重要文化財(農家)『 旧永井家 』などもあり、親子連れや中高年の方たちの安らぎの場所になっています。池には、カメやコイなどが涼しげに泳ぎ、子供たちの喜ぶ姿が多く見られる場所です。

薬師池 花ごよみ

・うめ 2月下旬~3月下旬 白175本、紅75本 野梅性・紅梅性・豊後性
・さくら 4月上旬~4月下旬 ソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラ、サトザクラ、ヒカンザクラ
・ふじ 4月下旬~5月上旬 出島の大藤棚がみもの-3尺藤、ダルマ藤
・花しょうぶ 5月下旬~6月下旬 2,200株(肥後系62種、伊勢系19種、江戸系82種、ほか12種)
・大賀ハス 7月下旬~8月 大賀博士が発掘した2,000余年前のハス
・椿 9月~5月 見頃 3月~5月 約1,100本-410種
・紅葉 秋 雑木林、モミジ、ニシキギ、サクラ、など

掲載情報
所在地 東京都町田市本町田3129-5
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市ホームページ
掲載日 2011年7月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市観光スポット特集。