町田市薬師池公園 -板倉-

町田市のちょっとした名所をご紹介しております。

町田市薬師池公園 -板倉について-

この建物は、旧荻野家そばの西側にあり、板倉と言い農家の屋敷内で、日当たり良い場所に建てられ米や雑穀を、籾(もみ)のまま保存する為使われました。この板倉は、町田市相原町の、渋谷十三氏宅にあったもので、江戸時代末期に、建てられたものと思われます。昭和58年12月に解体し60年1月に、復元しました。

構造は、5つの室からなっており、各室とも三方の壁、床、天井を、板で囲い前面は、揚げ板となっていて、この揚げ板を引き上げて穀物を、出し入れするようになっています。地方によっては、揚げ板の下部に、穀物の取り出し口を設けたものもあります。掘っ建て柱の上部に付いている板は、「ねずみ返し」と言い、ねずみの侵入を防ぐ為に、付けられています。

掲載情報
所在地 東京都町田市野津田町3270
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市薬師池公園 案内板
掲載日 2014年11月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市「名所めぐり」特集。