町田市立 定方寺公園

町田市のちょっとした名所をご紹介しております。

町田市立 定方寺公園の由来

この公園は旧境川を利用して造られました。境川は武蔵の国と相模の国の境としたことからこう呼ばれました。またこの地域には多数の鶴が飛来したことから鶴の舞う村と云われた後に鶴間村となったものです。

定方寺は隣接する住宅地のはずれ新境川とその対岸付近の位置にあったのですが、度重なる洪水のため約250年前現在の小高い所に移りました。
1985年2月1日、旧境川と新境川に挟まれた地域が神奈川県大和市公所から東京都町田市金森に編入されこの公園ができたました。

掲載情報
所在地 東京都町田市金森1588
URL
引用・参考
掲載日 2013年8月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市「名所めぐり」特集。