町田市七国山緑地

七国山緑地保全地域

七国山緑地保全地域は、昔この山頂から7つの国が見えたことから七国山と呼ばれるようになりました。なだらかな起伏の続く丘陵の中でも一段と小高い地域です。数条の尾根と谷戸が入り組んで、変化に富んだ地形をなし、区域内の西部には鎌倉古道の遺構が南北に縦貫し、鎌倉井戸の遺構があります。ほぼ全域にコナラ・クヌギ林が分布し、中央部及び周辺部の緩斜面の一部に耕作地、果樹園、竹林等が散在する変化の多い植生です。

東京都では、この自然を守り次世代に伝えていくために「東京における自然の保護と回復に関する条例」に基づき、緑地保全地域に指定しました。
指定年月日:昭和50年12月26日
指定面積:10.1ha

七国山緑地保全地域からの注意事項

◇ごみを捨てないこと。落ちていたら拾いましょう。
◇木を切ったり、草花や虫、鳥を捕らないこと。
◇たき火やたばこの投げ捨てをしないこと。
◇キャンプやオリエンテーリングをしないこと。
◇保全地域内に自転車やオートバイを乗り入れないこと。
◇歩道以外の林の中にみだりに入らないこと。

掲載情報
所在地 山崎町及び野津田地区にまたがる区域
URL 町田市ホームページ
引用・参考 町田市ホームページ
掲載日 2013年7月

【注意事項】
当サイトで掲載された内容は、取材当時の情報で発信しております。記載された内容の変更等は十分に考えられます。必ず事前確認の上、ご訪問してください。本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on LinkedIn0Email this to someone

Related Article

その他の町田市観光スポット特集。